自宅 視力回復トレーニング

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

レーシックの金額の相場

レーシックを行う上で一番気になるのは、やはり、レーシック手術にかかる費用ですよね。一生コンタクトやメガネを作り続けるより、レーシック手術を受ける方が快適で経済的だなんて言われても、まとめて多額のお金を支払うのは大変なものです。

 

ほとんどのクリニックではローンが使えるようになっていますが、出来れば少しでも安い価格で手術を受けたいと考えるのは誰でも同じだと思います。

 

実際、価格を調べてみると、手術費用はピンからキリで、一番安い手術では10万程度のクリニックもあるのに、高いところでは100万近い価格が設定されているところもありますね。

 

もちろん、レーシックの手術の種類にもよりますし、そのクリニックの設備や医師の経験・技術力などによっても、手術にかかる費用は違ってくるでしょう。ただ、一見するとすごく安いと思っても、実はそれほど安くないというケースもありますから注意が必要です。

 

例えば、Aクリニックでは手術費用からその後の定期検診費用、薬代、保証料金など全てを含んだセット価格で表示されているのに、Bクリニックでは手術費用以外の諸経費などは全て別になっていたりすることも珍しくありません。

 

レーシックにかかる費用を比較するのなら、その料金の内訳もチェックしましょう。レーシック手術後の保障期間の有無やその長さ、保障内容などもよく確認した方がいいですね。

 

価格の安さだけでクリニックを選んでレーシック手術を受けてしまうと、思うように視力が回復しなかったりして、別のクリニックで再手術を受けるハメになることもあるようです。

 

しっかり適応検査をしてくれるか、アフターケアは充実しているかなど、価格の安さだけでなく、その他の条件もよく確かめて選びましょう。現在のレーシック手術の大体の相場は、20〜30万円になります。極度の近視や乱視、老眼などがあると、もっと高くなってしまうことが多いです。

オサートにかかる費用

オサートとは、オーダーメイドの特殊なコンタクトレンズを装着して寝ると、視力が回復するという評判の視力回復方法です。値段が手頃であれば、やってみたいと思う人はきっと多いことでしょう。しかし、そのお値段はいくらくらいなのでしょうか?

 

ちなみに、オサートは自費診療であり、健康保険は使えません。オサートは、現時点では、そんなに安いものではないようです。オサートを行っているクリニックのホームページに書かれている値段を見ても、簡単に試してみようと思う人は少ないと思います。

 

治療費は両眼であれば、現時点で38万円、片眼では28万円と提示されていました。これに初診料や検査費、定期検査費用が掛かるので、両目であれば50万円以上は見積もっていた方がいいですね。スペアレンズや治療をステップアップさせるのにも費用が掛かります。

 

日中はどうしても裸眼で過ごしたいという理由がなければ、庶民にはちょっと出せない金額ですよね。例えば、スポーツをやっていて、メガネやコンタクトレンズをしていると、プレイに影響が出るという方なら、試してみる価値はあるでしょう。

 

または、お子さんが一定の視力がないと就けない職業を希望しているのなら、オサートでの視力回復治療が有効かもしれません。

 

いずれにしても、効果には個人差もありますし、オサートでの治療を開始すれば、すぐに視力が回復するというものでもないので、何か目的があって視力を回復したい場合には、無料の説明会などに参加して、医師に直接相談してみてください。