白内障はどんな病気なんでしょう?

最悪の場合には失明してしまうことも

白内障とは、目のレンズの役目をする「水晶体」が白く濁って、視力低下などを引き起こしてしまう病気です。「水晶体」は、カメラのレンズの様に自動的に焦点を合わせて、網膜に映像を送っています。遠くの物を見る時には薄くなり、近くの物を見る時には厚くなるのです。

 

元々は透明の水晶体が白く濁ってしまうと、光が乱反射してしまい、網膜に正確な映像を送ることが出来なくなってしまいます。白内障の症状としては、明るい所が眩しく感じられたり、夕方になると物が見えにくくなったり、物を見ると二重三重に見えたりといった症状が主なものです。

 

物が見えにくくなることから、視力の低下を疑う方もいるでしょう。眼鏡をかけている方の中には、眼鏡の度が合わなくなったのかと感じる方もいます。もし、眼鏡の度を変えたりしても見えにくい場合は、白内障の可能性があります。

 

白内障は、痛みやかゆみなどの症状は見られないので、なかなか白内障だと気付かない場合もあるようです。一般的には、年齢と共に症状が表れてくることが多く、早い方だと40歳代から症状が表れ、80歳代にもなると、ほとんどの方に症状が表れるでしょう。白内障は早期発見・早期治療が何よりも大切です。

 

早めに治療すればすぐに治る病気ですが、進行すると緑内障やブドウ膜炎など他の病気も併発しかねません。最悪の場合には、失明してしまうこともあります。目に何らかの異常を感じたら、眼科を受診して原因をはっきりさせましょう。

 

白内障でお悩みなら、『サトウ式視力回復術』

眼精疲労を病院で治療する

眼科で眼精疲労を治療する際ですが、その病院によって治療方法が異なると言われています。ここでは一般的な治療方法をご紹介してみたいと思います。先ずは目に溜まっている汚れを落としてキレイにします。そして緊張している目の周りの筋肉を解す為にアイパック等をして温めていきます。

 

こうする事で目の周りの筋肉の緊張が解れ、リラックスした状態にしてくれます。温めたら今度は筋肉を引き締める為に目の周りを冷やします。こうする事で血行を良くして目の周りの循環を良くしてくれます。最後に点眼薬が処方されますが、ビタミンが入った点眼薬が眼精疲労に効果が有るようです。

 

病院によっては内服薬じゃなくてサプリメントをオススメする所も有ります。サプリメントと同様に漢方をオススメする所も有ります。更にアロマを勧める所も有るようです。こうした事を考えてみても眼精疲労を治すのには薬や治療と言うのではなくて、リラックスさせて緊張を解して行こうと言う考えの方が主流の様です。

 

そう考えると眼精疲労の初期段階で有れば自宅にいても自分でマッサージをしたりアロマを使ったり、サプリメントを摂取したりする等、自分で対処をする事も可能だと言う事になりますね。

 

但し眼精疲労だけじゃなくて頭痛や肩凝りと言った別の症状も引き起こしているのであれば、きちんと専門医に診せて判断を仰ぐ必要が有ります。病院も上手に利用して、眼精疲労になりにくい身体作りが出来る様にして行く事が必要なのです。