白内障は手術で治す?

点眼による治療などで様子をみることも

水晶体が白く濁ってしまった場合、元の透明な水晶体に戻すことは出来ません。どのように治療するかというと、濁った水晶体を手術により取り除き、人工のレンズを入れていくのです。こうすることによって、視力が回復してきます。

 

中には、人工のレンズを目に入れることに抵抗がある方もいるかもしれません。でも、この人工のレンズを入れなければ、視界がぼやけてしまうのです。

 

せっかく白内障の手術をしても、コンタクトレンズを装着したり、分厚いメガネをかけなければならないなんて面倒ですよね。それなら、人工のレンズを入れる方がずっと簡単ですし、快適に過ごせます。手術以外の方法では、初期の白内障で生活する上で支障のない状態であれば、点眼薬や内服薬で進行を遅らせることも出来ます。

 

ただ、この薬は、あくまでも進行を遅らせるものであり、白内障の進行を食い止めるものではありません。その薬を飲んでいるからといって、透明な水晶体が戻ってくるわけではないのです。とはいえ、白内障と診断されたからといって、必ず手術しなければならないのかというと、決してそうではありません。

 

医師と相談して、日々の生活に支障をきたすようになったら手術を検討するといいでしょう。もし、毎日の生活に全く支障をきたさないのであれば、点眼による治療などで様子をみることもできます。

 

ただし、白内障は自己判断すると非常に危険なので、定期的に通院し、医師の指示に従う必要があります。

 

白内障でお悩みなら、『サトウ式視力回復術』

眼精疲労に効果が有るアロマオイル

辛い辛い眼精疲労。症状を少しでも良くしようと色んな事をしていると思います。サプリメントもその一つです。効果が有るサプリメントを摂取する事で症状を緩和させる様に身体を作っていきます。

 

同じく症状を緩和させる方法としてアロマオイルが有ります。アロマオイルを使ってリラックスさせ、症状を緩和させていくのが目的となります。色んな種類のアロマオイルが有るので、ここで眼精疲労に効果が有るアロマオイルをご紹介してみたいと思います。

 

【カモミール・ローマン】
心身ともにリラックスさせてくれる効果が有るオイルになります。昔は薬としても使われていた事が有るらしいです。カモミールはハーブティーにも有る為に、アロマオイルとしてだけじゃなくて飲む事でも効果を得る事が出来ます。

 

【ティートリー】
殺菌作用が有るアロマオイルです。うがいにも使えますので、風邪予防にも効果を出します。これからも分かるようにアロマオイルは直接肌に使えないのが一般的ですが、直接使える物としても有名です。

 

【ラベンダー】
特に有名なアロマオイルの1つと言えるでしょう。他の精油とも相性が良いので、単品じゃなくて色んなアロマオイルとブレンドさせて使えます。心身をリラックスさえてくれる効果が有ります。

 

【ローズ】
ローズにはローズオットーやローズアブソリュート等が有りますが、どちらも高貴な感じがするアロマオイルになります。甘い香りがリラックス感を誘いますので眼精疲労にも効果が出ると言われています。