白内障手術の金額と内容

完全に視力が戻るまでには三〜四週間

白内障の手術は、日帰りで行います。手術にかかる時間も10〜15分程度です。ただ、術後には定期的な通院が必要になります。病院と自宅の距離が遠い場合、通院が困難になる場合もありますよね。手術の翌日にも病院に行かなければならないので、付き添いが必要になるかもしれません。

 

視力がすぐに回復するわけではないため、視界もしばらくはあまりよくないでしょう。不安に感じる時は入院も可能ですから、術後の通院のことも考え、医師と相談して入院か日帰りかを選べば良いのです。白内障の手術は、白く濁った水晶体を取り除き、取り除いた水晶体の代わりとなる人工のレンズを埋め込みます。

 

この人工レンズは、折りたたみ式になっていて、3mmくらいの切り口で挿入出来るのです。術後の視力は、早い人なら一週間程度で正常になっていきますが、完全に視力が戻るまでには、三〜四週間くらいかかってしまうでしょう。片目だけの手術の場合は、一回の手術で済みます。

 

しかし、両目の手術になると一度には行いません。片目ずつの手術になり、一般的には一週間程度の間をあけて行うはずです。また、手術にかかる金額ですが、白内障の手術は保険が適用されます。加入している保険によって金額が変わってきますが、三割負担の場合は約5万円程度になります。

 

これは、手術当日の検査や薬代などが含まれた金額です。手術前後の通院や検査代などは含まれていませんので、実際にはもう少しかかることもあるでしょう。目の手術なので不安になると思いますが、良好な視界を戻すためにも、早めに手術を受ける事をおすすめします。

 

白内障でお悩みなら、『サトウ式視力回復術』

一般的な眼精疲労対策

眼精疲労になってしまうのはパソコンを使って仕事をしている人だけでは有りません。サプリメントを摂取するのも良いですが、サプリメント以外にも眼精疲労対策は出来ます。併用する事でより対策が出来ると思いますので是非実践してみてください。

 

【睡眠をとりましょう】
残業が多かったり、夜遊びに行ったり、徹夜をしたりすると睡眠不足状態になりますよね。これが眼精疲労に繋がるって知っていたでしょうか?睡眠不足を解消するのが一番良いのですが長い時間睡眠時間を取るのが難しい方もいると思います。そんな時には熟睡できる様に、つまり質が良い睡眠が取れる様にする事がとても大切になります。睡眠のサイクルは90分と言われています。このタイミングに合わせて起きる様にすると、すっきりと目覚める事ができ、質が良い睡眠がとれると言われているのです。つまり4時間寝るより少し短くても90分サイクルの3時間眠った方が質が良い睡眠だと言う事になります。もちろん短い時間寝る事に対して身体が合う合わないが有ると思いますが、眼精疲労対策として是非心がける様にしてみてください。

 

【お風呂に入る】
単にお風呂に入るだけじゃなくて血行を良くする事を目的としてお風呂に入る様にしましょう。血行を良くする為には半身浴でも良いですが、温冷浴を行ってみてはいかがでしょうか?湯船に使って冷たいシャワーを浴びるを繰り返すと血行がだんだん良くなってくるそうです。ただ冷たすぎるシャワーは心臓に刺激を与えてしまいますので気を付ける様にしましょう。