レーシック手術の種類

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

向き・不向きがあり、価格にも大きな違いがある

レーシックとは、眼の手術によって視力を回復させることを指すのですが、その手術に様々な種類があることは案外知られていません。

 

元々はそんなに多くの種類があったわけではありませんが、研究が進むにつれ、手術の方法や使用する機器の種類もどんどん細分化され、それまでは受けられなかった人でも受けられるような術式が開発されたり、より精密で高度な手術方法が開発されたりと、日進月歩で進化しているのです。

 

ですが、術式が変われば当然ドクターの技術や知識も磨かなければなりませんから、多大な研修期間や技術習得期間、様々な種類の設備機器が必要になります。そのため、様々あるレーシック手術の術式の全てを行うことが出来るクリニックというのはあまりありません。

 

術式ごとに別々のドクターを用意して、1〜数種類の術式を行うことが出来るというクリニックがほとんどですが、なかなかその進化について行けず、古い術式や古い機器で行っているクリニックもあるのが現状です。

 

術式は大きく分けて三種類あります。

 

・マイクロケラトームでフラップを作るケラトームレーシック
・レーザーでフラップを作成するイントラレーシック
・フラップを作成しないPRK

 

さらに、フラップ作成の精度が上がったウェーブフロントレーシック、角膜が薄い人でも手術が可能なエピレーシック、角膜が薄い人や強度の近視の方に適しているラセックなどの種類があります。

 

自分の体質や視力によって、向き・不向きがあり、価格にも大きな違いがありますから、慎重に判断しましょう。

眼精疲労にはどんな治療が行われるのでしょうか?

たくさんの原因が眼精疲労には有ります。特に多い原因としてはパソコンの画面など、長時間画面を見続けた事による物です。しかしこれだけが眼精疲労の原因では有りません。

 

角膜炎、結膜炎と言う様な眼の疾患が有る場合も眼精疲労を引き起こす事は有りますが、こうした目に異変を感じる様な場合は直ぐに眼科に行って治療をしてもらう様にすると眼精疲労の症状自体は緩和に向かう様になるでしょう。

 

次は睡眠不足の際、体調が優れない時、疲れが溜まっている時等はちょっと目を使っただけでも眼精疲労を引き起こしてしまう事が有ります。これが進むと肩凝りに発展して睡眠不足を併発させる等悪循環になってしまいますので、一度ゆっくり身体を休める等して休養をする事をお勧めします。休めないと言う場合はマッサージをしたり、サプリメントを摂取したりする等して身体に働きかけましょう。

 

眼精疲労を治療する場合ですが、眼鏡やコンタクトが原因となっている事が有りますので、使っている人は眼鏡やコンタクトの調整をする事から始めます。またサプリメント等ビタミンB12を摂取する様に指導する事も有ります。食事やサプリメントで補えるなら薬よりも良いですよね。

 

また眼科に行くと点眼薬が処方されます。中には目の周りの筋肉を解してくれる作用を持つ点眼薬、ビタミン剤が入った点眼薬が有ります。治療と言っても薬を処方されるかアドバイスをしてもらう事が殆どだと思いますので、自分でも改善できる様にしていく努力も必要です。