レーシックの病院選びのポイント

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

使いこなす腕がなければ話になりません

レーシックを受けた方たちの喜びの声というのは大変多く聞かれます。とはいうものの、失敗例が全くないというわけではありません。目の中の手術ですから、一歩間違えば失明さえありうるのです。

 

ですから、病院選びは慎重に行いたいものですね。では、どんな点に注意してクリニックを選べばよいでしょう。

 

最近では、どんどん価格も低価格化してきていますし、クーポン券や無料カウンセリング、遠方の方の交通費支給、託児所完備、長期間保証制度、各種割引制度、セット価格など、様々なサービスを提供している病院が増えています。

 

もちろん、それらは大変魅力的なサービスですが、やはり、一番重要な点は技術力と設備力でしょう。正直な話、レーザー機器などの設備には大きな差があるのが現状です。

 

また、人間が行うことですから、ドクターの手術の腕にも大きな違いがあります。最新機器が揃っていても使いこなす腕がなければ話になりません。それに、新しく開発された術式や設備ほど精度が高く安全性が高いといわれています。

 

多くの病院では、どのような術式が出来るとか、ドクターの経歴や設備機器の説明などをホームページやパンフレットなどに掲載しているものです。

 

病院によっては、術式や設備機器の違いから、別のクリニックで手術を断られた人でも受け入れ可能なこともあります。出来るだけそれらの情報を比較検討し、自分に合ったクリニックを選びましょう。

眼精疲労の症状【頭痛】

頭痛が起こる原因として眼精疲労が挙げられる事は結構知られていると思います。長時間同じ姿勢でいる事によって首〜肩に対しての筋肉が緊張状態になり、血行不良を引き起こし結果的に頭痛を引き起こす事になります。ですからなんだか頭が痛いなと思ったら、作業を一度止めて目を休める様にして、目を温かいタオル等で温めてあげて下さい。

 

目の周りの筋肉の緊張が解れ、頭痛も治まってきますよ。またサプリメントを利用するのも良いでしょう。頭痛に効果が有るサプリ、眼精疲労に効果が有るサプリと有りますので、是非試してみてください。更に目の周りのマッサージも眼精疲労の緩和にとても役立ちますね。目の周りだけじゃなくて頭の周り、顔周りも一緒に行う事でより効果的に解す事が出来ます。

 

マッサージをする時には指の腹を使い、ギュッギュッと押すのではなく、ギューギューと言う様に優しくゆっくり押す様に揉んでみてください。マッサージをしたら目の周り全体を温めたり、冷たくしたり交互に行うと結構もよくなります。但しマッサージは逆に頭痛を悪化させる事も有ります。緊張が解れる事で脈打つ様な感じで頭が痛くなる人もいるのです。

 

自分がマッサージして大丈夫かどうか見極めて使う様にして下さい。また片頭痛を引き起こした場合はこうした事はあまり意味が有りません。逆に寝ないと治らないとか、身体を動かすと気持ち悪い位痛いとかなってしまいます。

 

これは有る程度時間が経たないと治りませんので、症状が酷くなる前に薬を飲むと良いでしょう。こうした頭痛薬も市販された物より一度お医者様に見せて処方してもらうと良いでしょう。

レーシックの病院選びのポイント関連ページ

手術の種類
メリットについて
失敗しない?
老眼でも受けられる?