オサートはどのくらいの治療期間になるのか?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

デメリットも考慮した方がいいでしょう

オサートは手術を必要としない視力回復法ですが、それ故に期間も掛かりそうですよね。レーシック手術は手術をすれば、すぐに視力が回復します。しかし、オサートの場合はどうなのでしょうか?

 

まず、自分専用のオーダーメイドで作るコンタクトレンズですから、手元に届くまでに時間が掛かります。そして、治療を開始しても、全ての人がすぐに視力を取り戻せるものでもありません。

 

どのぐらいで視力が回復するかは人にもよります。その人の視力や屈折値、目の状態によっても違いが出てきます。でも、装用を開始してからは確実に視力が上がっていくみたいです。

 

順調に視力が回復していけば、一年から二年ほどで、ほとんどの人が1.0以上にはなれるはずです。軽度の近視や乱視の人なら、もっと早く視力が回復するでしょう。人によっては、すぐに視力が回復したなんてこともあるようです。

 

ただ、オサートによる視力回復は、就寝中ずっと特殊なコンタクトレンズを装用していないと、せっかく戻った視力が低下することもあります。

 

また、順調に視力が戻った後も、一年に一回程度の定期検診を受ける必要があります。特殊なコンタクトレンズも、三年に一度の頻度で交換していかないといけません。

 

レーシック手術に比べると、継続した治療が必要ですし、その分、お金もかかります。手術を受けなくていいのはとても魅力的ですが、そういったデメリットも考慮した方がいいでしょう。

眼精疲労に効果が有るサプリメント

眼精疲労やドライアイの症状を軽減させる栄養素が有ります。ほうれん草やブロッコリー、カボチャ等、緑黄色野菜にたくさん含まれている栄養素「ルテイン」と言う物で網膜全体に有る栄養素になります。目の網膜自体の保護、水晶体の機能を促し、目の黄斑部を守ります。

 

ルテインは体内で生成される事は無い為、食材やサプリメントから補給しなければなりません。次に眼精疲労に効果が有る物としては「アントシアニン」と呼ばれる栄養素が有ります。ブルーベリーやカシスに含まれていると言われています。アントシアニンはポリフェノールの種類の物になります。

 

またDHAやベータカロテンと言う栄養素も有り、人参、ほうれん草、春菊と言った野菜に含まれています。他にもビタミン類等も眼精疲労やドライアイに良いと言われている為に、摂取不足にならない様に気を付けたいですね。

 

但し過剰に摂取しすぎるのは止めた方が良いです。たくさん摂取したら良くなるスピードも速いんだと思うんだったら違います。食材やサプリメント等から摂取して眼精疲労を良くして行こうと思うのは良いのですが、日常生活においても目を酷使する様な事を控えるとか、控えられないならマッサージをしたりするとか色んな予防や対策をする様に心がけましょう。

 

こうした事をしても眼精疲労の症状が良くならないのだとしたら、単なる眼精疲労じゃなく別な病気かもしれませんので一度眼科に行って専門家に診てもらう様にしましょう。