オサートの視力回復までの流れ

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

眼病になってしまう危険性もあります

オサートとは、夜寝ている間に特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜を矯正することで、視力を回復する方法です。オサートの視力回復までの流れについて簡単にお話したいと思います。

 

まずは、初診で詳しい検査を受け、オサートが自分に適しているか調べる必要があります。テストレンズも装着して、適していると判断された場合は、自分専用のコンタクトレンズを作成します。

 

コンタクトレンズが出来るまでには1ヶ月程度かかるようです。コンタクトレンズが届いたら、いよいよ治療を開始します。基本的には毎晩、就寝中に特殊なコンタクトレンズを装着し続けるのです。

 

オサートでの治療を開始した最初の月には、一回から二回くらい通院して、検査を受けます。その後は、三ヶ月に一回、または、二回程度、定期的に検査を受ける必要があります。

 

オサートによる視力回復治療の効果には、個人差があるため、人によってどのくらい視力が回復するのかも、視力回復にかかる期間も違ってくるでしょう。

 

現在の視力や屈折値、年齢、眼鏡やコンタクトレンズの装用期間によっても、治療効果が違ってきます。例えば、三十代で0.1程度の人は、二〜三ヶ月で0.5〜0.8くらいまで回復させることができるようです。次の段階の治療では、1.2以上も夢ではないらしいです。

 

ただ、当然ですが、コンタクトレンズのケアは必要ですし、不衛生にしていれば眼病になってしまう危険性もあります。日中は裸眼で過ごせるとはいえ、ずっと治療を続けなくてはいけないという面倒さはあるかもしれませんね。

眼精疲労に効果あるブルーベリー

ブルーベリーが眼精疲労に効果が有ると言われています。ブルーベリーを使ったサプリメントもたくさん発売されていて、多くの方が眼精疲労の解消の為にブルーベリーサプリを摂取している様です。ブルーベリーの中にはアントシアニンと呼ばれる栄養素が含まれていて、この成分が目に良いと言われているのです。

 

人間の目って光として物体を認識して、網膜に映し出しています。網膜にはロドプシンと呼ばれる色素が有って合成を繰り返しています。この合成を繰り返す為にアントシアニンの力が必要なのです。このロドプシンの働きが悪くなると視力低下、かすみと言った眼精疲労の症状が出てきやすくなります。だからアントシアニンが必要なのですね。

 

ブルーベリーは300種類以上も品種が有ると言われていますが、その中でもビルベリーと言う種類のブルーベリーにアントシアニンがたくさん含まれている事が分かっています。通常のブルーベリーの倍量は有る様です。身はもちろん、皮にも含まれています。更にブルーベリーにはポリフェノールが含まれていますよね。

 

ポリフェノールは老化防止、ガン予防に効果が有り、抗酸化作用が有るのです。アンチエイジング、健康、そして眼精疲労等、こんなにたくさんの症状に効果が有るブルーベリーはまさに良い事だらけの果実だと思います。普通に食べるのは大変なのでサプリメントで摂取する事が良いかもしれませんね。是非眼精疲労に悩んでいるとしたら試してみて欲しい物だと思います。