日本でオサートはどこの病院でやってる?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

すでに数千人に登る患者さんが行っています

最近、TVや雑誌で評判のオサートですが、どこで受けられるのか気になる方は多いことでしょう。かなり評判になっている割には、残念ながら、どこの病院でも受けられるものではないようです。

 

現在、オサートによる視力回復治療を行っているのは、日本では三井メディカルクリニックだけになっています。最近の治療法のように思いますが、実際には2000年くらいから治療が行われていました。

 

オサートの元になったのはオルソケラトロジーというアメリカから来た近視屈折矯正療法です。アメリカでは日本よりも随分前から行われています。

 

オサートは、そのオルソケラトロジーを改良したものです。これにより、オルソケラトロジーでは難しかった強度の近視や乱視・遠視や老眼の回復にも効果がみられるようになりました。

 

すでに数千人に登る患者さんが、オサートの視力回復療法を行っており、そのデータを元にさらにいいものへと改良していっています。これからもたくさんの方々がこのオサートの治療を受けることと思われます。

 

もしも気になる場合は、一度初診を受けてみて、その適正を調べてみるといいでしょう。実際に治療を受ける場合は、安くはない費用がかかります。もっとオサートによる視力回復治療が一般的になって、レーシックのようにたくさんの病院で受けられるようになるといいですね。

 

三井メディカルクリニックまで治療に通えなかったり、かかる費用が高すぎるという理由で、オサートによる視力回復を諦めなくてはならないという方もきっとたくさんいると思います。

眼精疲労に漢方はどうでしょうか?

薬などを使って眼精疲労を治していくのではなく、身体に影響を与えない方法で治して行こうと思う人も結構います。最近ではサプリメントが主体となっているようですが、サプリメントの他に漢方を使って改善して行こうと言う人も結構いる様なのです。眼精疲労と一言で言っても人によって症状が変わってきます。

 

頭痛を伴う人、肩凝りに来る人、めまいやストレスとして症状が出てきてしまう人等様々です。こうした症状も合わせて自分に合った方法で改善させていく事が大切となります。例えば「六味丸」と言う漢方が有りますが、頭がボーっとして集中力が無い時に効果を出します。「八味地横丸」は疲れ、冷え症に効果が有る漢方だそうです。「葛根湯」は薬にもなっていますが風邪に良い漢方です。

 

この「葛根湯」と言う漢方、頭痛や肩凝りの症状にも効果が有るそうです。眼精疲労では頭痛や肩凝りの症状を訴える人が多い為、こうした症状を改善させようと言う人も結構います。但し漢方を摂取する時には飲み合わせを気を付けなくてはいけません。

 

これはサプリメントを摂取する時も同様の事ですが、他の薬を飲んでいる場合、その作用に影響する可能性を持っている漢方やサプリメントが有ります。薬ではないので身体への影響は少ないですが、身体を良い方向に持っていく作用が有る事には変わりありません。

 

薬の効果とぶつかって作用を消し去ったり、逆に悪影響を出してしまっては意味が有りません。漢方を飲む際には他に飲んでいる物との相性等に注意する必要が有ります。