近視通電治療とは?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

痛みは全くないので安心です

近視の視力回復方法として、通電治療が行われていることをご存知でしたか?視力回復の治療と聞くと、散瞳薬などの点眼薬での治療やレーシック手術を思い浮かべる人が多いと思いますが、実際に病院で通電治療も行われているのです。

 

しかし、まだこの方法を使った治療を行っている眼科は少ないようです。でも、今まで色々な方法で近視治療をしてきたけれどなかなか視力が回復しなかった人でも、この治療で視力回復を実感できたケースがいくつもあります。

 

通電治療は簡単にいうと、目の周りに微弱な電流を流すことにより、外部から目の筋肉をもみほぐすようなイメージです。近視は目の毛様体という筋肉が、肩こりのように凝り固まっている状態です。

 

この毛様体がリラックスできないままで緊張した状態が続くと、遠くの物がぼやけて見えたりするのです。とはいっても、目の筋肉は肩こりのように凝り固まっているところを直接手でもみほぐすわけにはいきませんよね。

 

そこで電流を流すことで筋肉の凝りをほぐし、血行を促進するのです。どんな治療かというと、眼科医が2本の電極棒を使い、目の周囲にあるツボに押し当てていくだけです。

 

患者さんは電気を体内から逃げやすくさせるためにアース棒を握っている必要があります。電流を流しているので、ピリピリっと感じることは多少あると思いますが、痛みは全くないので安心です。

 

一回の通電治療にかかる費用は、1000〜1500円程度でしょう。毎日通電治療を行うのではなく、週に1〜2回くらい行います。

家庭で視力回復する方法

眼科病院で視力回復の治療を受けること以外に、家庭で視力回復する方法もあるそうです。病院でのレーシック治療が、どうしても視力回復したい場合は一番確実ですが、料金はかなり高額になるというデメリットが、保険が適用されないためあるようです。

 

視力回復方法で一般的にレーシックによるものは10万円を超えることがほとんどで、治療を金銭的なことが理由で断念する人も少ないといいます。訓練によって視力回復センターなどに通って、回復させる方法もレーシックのような眼科での外科治療ではなくあるそうです。

 

視力回復方法もセンターによって大きく違う場合もありますし、視力回復センターの視力の改善効果にはかなり個人差があるといわれています。医学的に効果が実証されていない方法で、視力の回復を試みている場合もあるので、通う際には事前にしっかりと情報収集することが大切です。

 

家庭でも視力回復が望める、さまざまな視力回復方法の情報が、最近ではインターネットの通販サイトを中心に見られるようになってきました。例えばブルーベリーに含まれる成分は目に良いといわれており、サプリメントとして販売されています。

 

目が疲れる仕事をしている人や、視力の低下が気になる人に人気のサプリメントとして通販ショップでもよく売れているようです。誰でも簡単に購入できるのがサプリメントの特徴なので、一度試してみるには手軽な視力回復方法といえるのではないでしょうか?

 

ヤツメウナギのエキスなども視力回復を期待できる成分が含まれているといわれています。視力を、ピンホールのたくさん空いた眼鏡をかけて、回復させる方法などもあるようです。視力回復を、ツボを刺激することで試みる方法もあります。

 

ツボの中でも目の周りにあるところを中心によくマッサージする方法なのですが、一定の視力回復効果が毎日行うことで期待できるといわれているのです。個人差が視力回復効果があるので、さまざまなものが視力が回復する方法にはありますが、情報収集を事前にしつつ比較検討してから、視力回復の方法を納得のいく形で試していくほうが良いでしょう。