遠視を回復するための治療方法

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

伝導式角膜形成術で治療することも可能

長い間遠視に悩まされ、メガネやコンタクトとさよならしたいと考えている方も多いと思います。レーシック手術と言えば、近視の治療法として認識されていましたが、近年では遠視の治療にもレーシック手術が有効だと報告されるようになってきたのです。

 

通常、近視の治療のために行われるレーシック手術は、角膜を平らに削ることで視力を矯正してきたのですが、遠視の場合は角膜周辺の部分をドーナツ状に削ります。遠視とは、目の奥行きの長さが短いことが多く、網膜の奥で像が結ばれてしまうという症状です。

 

ドーナツ状に角膜を削ることで、角膜の中央部分がより盛り上がる形になり、角膜の手前で像が映り、視力が矯正されるのです。しかし、遠視で悩まされている方の全てがこのレーシック手術を受ければ100%視力が回復するわけではありません。

 

まだまだ遠視のレーシック手術は発展途上の段階であり、レーシック手術の歴史自体も浅いです。+3D〜+4D程度の遠視の方の治療が今の段階では限界だと言われています。

 

さらに、レーシック手術には適正・不適正があるので、手術にいたるまでに何回か適性検査などを受ける必要もあります。レーシック手術の他にも、遠視は伝導式角膜形成術で治療することも可能です。

 

これはレーシック手術のように角膜の部分には一切触れずに行う方法なので、リスクが少なく安全だと言われています。手術時間も5〜10分間と短く、痛みもほとんどないそうです。

眼精疲労になりにくい身体作りをしよう

日常生活において眼精疲労になると結構辛いですよね。よく言われるのは眼精疲労に効くのはブルーベリーだと言う事です。そのブルーベリーを使ったサプリメントたくさん販売されていて手軽に眼精疲労対策が出来る様になっています。この他にも眼精疲労だけじゃなくて目全体に効果が有る成分はビタミンAと言われています。

 

ビタミンAには視力低下を防ぎ、粘膜の健康も保つ様な成分な為に、眼精疲労に悩んでいる人にはビタミンAを摂取すると良い様です。食品からでも取れますが手軽にサプリメントで摂取している人も多いです。

 

眼精疲労になるのは仕方がないとするのではなく、眼精疲労になりにくい身体作りをする事が大切だと思います。先ず眼精疲労になる原因としては血流が悪くなる事にもありますので、肩凝りに悩んでいる人、身体をあまり動かさない人も眼精疲労で悩んでいる人が多い様です。

 

血行が悪くて眼精疲労になったなと思っている人は、ゆっくり半身浴をする等して血行を良くする事を心がけてみましょう。続ける事で眼精疲労が解消するだけじゃなくて肩凝りや頭痛も解消する様になってくるかもしれませんよ。この様に眼精疲労になる原因は色々有ります。

 

その原因によって改善方法(サプリメントや運動、お風呂、食事等)を行う様にすれば緩和して行くのではないかと考えられます。サプリメントに関しては眼精疲労になりにくい身体を作る為のサポート的な感覚で使用していただければ良いと思います。