老眼の治療法 コンタクトや老眼鏡

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

タンパク質除去を怠ると眼病になってしまう

老眼鏡を愛用している方の中には、近くの物を見るためのメガネと遠くの物を見るためのメガネの二種類を持つ方もいます。また、その二つの作用を一つのメガネにした遠近両用のメガネを使っている方も多いです。単焦点のメガネはピントが合っていますので、長時間着用する場合に適していますよね。

 

しかし、遠近両用のメガネはレンズの視野が狭いと感じることがあります。それに、遠・近の焦点が変わるところで画像が歪んで見えるといった欠点もあるのです。長時間着用していると、目が疲れてしまうこともあるでしょう。

 

老眼鏡の他に、老眼用のコンタクトレンズもあり、近視用のコンタクトレンズと同様に、ハードタイプとソフトタイプの二種類があります。ハードは、装着に違和感を感じる方も多いですよね。しかも、ゴミなどが目に入った場合には痛みが伴います。

 

ソフトは、レンズに水分が含まれていますから、装着に違和感を感じる事は少ないです。近視用コンタクトレンズを使ったことが無く、老眼用で初めてコンタクトレンズを使用する場合には、ソフトを使う方が良いかもしれませんね。

 

ただ、コンタクトレンズはハードでもソフトでも、毎日の手入れが必要になります。ハードの方は、比較的手入れが簡単です。でも、ソフトの方は、タンパク質除去を怠ると眼病になってしまうリスクもあります。

 

老眼になって初めてコンタクトを使ってみようとしても、手入れや装着の違和感が耐えられずに、老眼鏡にする方も少なくありません。最近では、老眼鏡だとわからないくらいおしゃれな老眼鏡も多いですから、無理してコンタクトレンズを選ばなくても良いと思いますよ。

眼精疲労にサプリメントと言う考え

サプリメントを摂取する事で眼精疲労を軽減させようとしている人が今は多い様です。何故かと言うとゲーム、パソコン等、ディスプレイを見る時間が増えてきた事が背景に有るからだそうです。元々は眼精疲労と言うと目薬を指して休ませると言う事に有りました。

 

しかし仕事や家庭でパソコンを使っている時間が長くなればなってきている今、慢性的に肩凝りや頭痛に悩まされたり、血行不良に陥ってしまったりする様になり眼精疲労に繋がってきているそうなのです。この眼精疲労を緩和させる方法はたくさん有ります。一番良い方法は眼精疲労になった原因を突き止めて、その原因に適した目薬を挿したりサプリメントを摂取したりするのが良い様です。

 

サプリメントは持続して摂取する事で改善効果が長く持続すると言われていますし、手軽に摂取できると言う点から人気が有る様です。またサプリメントに含まれている成分から見ると、アントシアニンと言う成分が有ります。これはブルーベリーに含まれている栄養素になりますが、眼精疲労の回復をサポートする成分となります。

 

更にビタミンAのサプリメントも目が疲れている人に適しているサプリメントだと言われていて人気が有ります。ブルーベリーに関してはブルーベリー自体をそのまま食べても同じ効果が得られるそうです。眼精疲労にサプリメントを摂取する事で、体質改善にもつながってきますので、自分に合ったサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか?