老眼の治療法 老眼用レーザー手術

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

見え方が異なるという欠点もあります

老眼になっても、レーシック手術、つまりレーザーを使った手術を受ける事が出来ます。レーザーを使った老眼の手術には、二種類の方法があります。

 

まず、一つ目は「モノビジョンレーシック」という方法です。これは、左右の目の見え方を変える手術になります。右目で近くの物を見えやすくし、左目で遠い物を見えやすくするというものです。左右で目の度数が変わるのですね。この場合、目の使い分けにかなりの時間を要します。

 

一般的には、3ヶ月ほどの時間が掛かるという欠点があるのです。また、片目で見るようになりますので、物の立体感を感じなくなってしまう場合もあります。車を毎日運転する方や、細かい作業をする方には不向きな方法ですね。

 

二つ目は、「老視矯正レーシック」という方法です。これは、レーザーで角膜を遠近両用の老眼コンタクトレンズのような形に変える手術になります。角膜の中心部分は遠くの方を見えるように、角膜の周辺部は近くを見えるようにしていくのです。その逆も出来ます。

 

この手術の場合、すぐに視力の回復が得られます。手術をした直後から、視力が回復しているので、世界が変わって見えるかもしれませんね。しかし、瞳孔の大きさによって、見え方が異なるという欠点もあります。瞳孔が小さい方は、細かい文字を見る時などは、メガネが必要になる場合もあるでしょう。

 

このように、老眼になってもレーザー手術によって、メガネ無しでも生活出来るようになるのです。有難いことですね。

パソコンを使う人は眼精疲労になりやすい

仕事でパソコンを使う人はたくさんいるでしょうが、エンジニアと言う職業の人は特に一日中パソコンを使って仕事をしている為にかなり目を酷使しています。その為に眼精疲労で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

眼精疲労は職業病だから仕方がないと諦めるのではなくて、サプリメントを使ったり生活態度を改めたりする等して上手に向き合って仕事をしていく様にしましょう。

 

眼精疲労はパソコンを使っている人だけがなる症状では有りません。誰でも眼精疲労になる可能性はあるのです。特にパソコンを使うと眼精疲労になる可能性が高いと言うだけなのです。眼精疲労になるのはエンジニアだけでは有りません。とにかくパソコンと一日中にらめっこしている様な職業の方、ゲームをずっとやっている人等、画面をずっと見ている人がなりやすいです。

 

これが眼精疲労の原因となっているのでしょう。だからと言って画面をずっと見ている人全てが眼精疲労になるのかと言うとそうでも有りません。同じ様にパソコンを一日中見ていても眼精疲労にならない人だっているのです。そう言う人に限って仕事もバリバリこなして充実して仕事をしている人だったりします。

 

つまりパソコンの画面を一日中見ているだけが眼精疲労の原因ではないと言う事になるのです。様々な事が原因となって眼精疲労になっていると言う事なのです。そのまま症状を放っておかずにサプリメントを上手に使う等して眼精疲労になりにくい状況を作る様にしましょう。