視力回復にステレオグラムが効果がある?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

目の緊張や筋肉の疲れをとってくれる効果

コンタクトレンズやメガネで視力矯正をしていると、目の疲れや肩こり、頭痛などを感じやすくなりますね。視力を回復したいけれど、レーシック手術は値段が高いし、不安だし・・・なんて思っているあなた。

 

ステレオグラムを試してみてはいかがでしょう。ステレオグラムは、以前にもブームになったことがありますから、ご存知の方も多いかもしれません。

 

新聞の記事になっていたり、書店でもステレオグラムの本が販売されていたりします。平面の絵を見ながら自分自身で目の焦点を少しずつずらしていくと、絵が3Dのように飛び出ているように見えたり、立体的に見える画像のことです。

 

こうやって説明されると、「ああ、あれね」と思い当たる方も多いのではないでしょうか?「ステレオグラムなんかやったら、余計に視力が低下してしまうのでは?」なんて思われるかもしれません。

 

でも、このステレオグラムは視力回復効果が期待できるのです。ステレオグラムは人間の目の機能である「両眼差視」という機能を使っているのですが、視力回復トレーニングのような効果があります。

 

この絵を見るために、寄り目にしたりすることで、目の筋肉のトレーニングをしているのです。視力回復には、目の筋肉のトレーニングが欠かせないと言われています。

 

それに、トレーニングも必要ですが、毎日仕事や勉強で疲れた目を休ませてあげることも重要です。ステレオグラムにはトレーニング以外にも、目の緊張や筋肉の疲れをとってくれる効果もあるのです。

 

このステレオグラムはすぐに立体的に見える人と見えない人がいますが、それは視力回復効果とは関係ないようです。

何故パソコンを使うと眼精疲労になりやすいのでしょうか?

パソコンを使った職業の人は眼精疲労になりやすいと言われていますが、その理由はなんなのでしょうか?

 

パソコンを使った職業は色々有りますが、システム系の仕事の場合は残業や徹夜なんて事も結構有ります。休日出勤なんて言うのもざらで、四六時中パソコン漬けと言うのも珍しくないのです。こんなに長時間パソコンのディスプレイを見ていると、目を酷使する事になりますので疲れが溜まってしまって休める事が出来ないですよね。

 

結果眼精疲労になってしまうと言う事になるのです。仕事の特徴として忙しい時期と暇な時期と明確になりますので、暇な時期は目を休ませると言う事も出来るかもしれませんが、基本的には一日中パソコン漬けと言っても良いかもしれませんね。ですから眼精疲労になりやすいのです。

 

その他にも理由は有ります。冷房がガンガン効いているマシンルームで仕事をしている等、目が乾く様な環境でパソコンを使っている事も挙げられます。後は作業にのめり込みやすいと言うのも有るかもしれません。ちょっとプログラムを作っていると考え込んでしまったあっという間に定時時間になっていたなんて事もざらです。

 

トイレに行く時間さえ勿体ないと言う時もありますので、そんな状況で仕事をしていて目に良い訳が無いですよね。

 

仕事を止める訳にはいきませんので、眼精疲労対策をして解消していくのですが、その方法としてサプリメントを使用する方多い様です。サプリメントは手軽に摂取出来ますので、忙しい仕事の人でも続けて摂取する事が出来ます。