視力回復に役立つサプリメントとは?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

100%視力が回復するわけではありません

視力回復に役立つと言われているサプリメントの中で一番ポピュラーなのが、ポリフェノールの一種であるアントシアニンです。「ブルーベリーが目にいい!」なんてことをよく耳にする方も多いのではないかと思います。

 

ブルーベリーには、このアントシアニンが豊富に含まれていて、目の網膜の血行を良くする働きを持っていると言われています。網膜の健康を維持するためにも、目にとっても、大切な成分の一つです。

 

視力の低下の原因の一つとして、目の疲労も考えられます。そこで目の筋肉の疲労に効果的なのが、ビタミンB群であるビタミンB1なのです。このビタミンB1は、欠乏してしまうと、脳に正確に視覚情報が伝わらなくなってしまい、さらに視力を低下させてしまう危険性があるのです。

 

ビタミン群の中で他にも視力回復に効果的なサプリメントとしては、ビタミンAがあります。網膜内にも多く含まれているビタミンAは、粘膜を正常に保つためにもとっても必要な成分です。

 

目の表面を涙で潤すことにより、粘膜を水分で保護してくれるので、視力低下の要因ともなるウィルス感染やドライアイから守ってくれるのです。他にも、これが不足すると視力が落ちると言われているのは、ドコサヘキサエン酸ことDHAです。

 

いわしなどの青魚に多く含まれているDHAですが、DHAを摂取することで脳への情報伝達をスムーズに行えるようになるでしょう。上記のようにサプリメントを紹介しましたが、サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。

 

サプリメントを飲んでいるからと言って100%視力が回復するわけではありません。サプリメントだけに頼らず、視力の低下を引き起こすような要因を排除し、目を疲れさせないことも視力回復のためには必要です。

パソコンを使う職業の眼精疲労対策

パソコンを使って仕事をしている人で眼精疲労に悩んでいる人は多いです。サプリメントを摂取する等して眼精疲労対策をしている人もいますが、サプリメント意外にも眼精疲労を予防する方法は有ります。そこでパソコンを使って仕事をしている人の為の眼精疲労対策を挙げてみたいと思います。

 

【遠くを見る】
ついつい仕事をしているとのめり込んでしまって、1時間も2時間もパソコンとにらめっこ状態なんて事はしょっちゅうだと思います。そんな時に有効なのが10分間に1度の割合でパソコンから目を離して遠くを見ると言う方法です。よく1時間に10分は休憩をしましょうと言いますけど、眼精疲労対策の為には10分に1度遠くを見る方法が有効的なのです。こんな簡単な事が結構効果が有ると言いますから是非やってみてはいかがでしょうか?気分もリフレッシュされて仕事にもやる気が出ますし、眼精疲労対策にもなるのです。

 

【パソコン画面の明るさを調整する】
パソコンの画面が明るい方がキレイに見えていいじゃないとか、最近では画面が明るい方が画面もキレイで見やすいとか色々有りますが、結構画面が明るいと目が疲れてしまって逆に眼精疲労を誘発しやすいと思うのです。そんな時には画面の明るさを少し落としてみてはいかがでしょうか?仕事の場合は画像重視じゃないと思うので目に優しい方法を取る方が良いと思います。明るすぎると目に刺激が強すぎで疲れてしまいますので、出来れば明るさを少し下げて目への刺激を弱める様にしましょう。