眼鏡の正しい選び方

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

上下の幅が広いタイプのフレームを選ぶと

あなたは眼鏡を選ぶ時、デザインや色が自分に似合ってるかどうかだけで判断していませんか?実は、自分に似合う眼鏡を選ぶ際、いくつかポイントがあるのでご紹介したいと思います。

 

まずは、眼鏡のフレームと顔の縦横のサイズです。顔がみんな違うように、顔のサイズだって人それぞれなので、似合う眼鏡も違ってきます。眼鏡の横幅は、顔の横幅と同じか、ほんの少し眼鏡が小さいくらいがよいでしょう。

 

眼鏡のレンズの縦の幅は、眉頭から顎の長さの1/3を目安にして選びます。眼鏡のレンズの縦幅が長すぎると、鼻が低く見えてしまったり、かっこ悪くみえてしまうので注意が必要です。バランスを見るだけでなく、実際に眼鏡をかけてみてフィット具合も確認しておきましょう。

 

着けた時に違和感があったりすると、長時間眼鏡を着用した際に鼻のパットの部分やフレームが当たる耳の部分が痛くなったりするので要注意です。

 

わかりやすい方法としては、一度眼鏡をかけてみて、レンズのちょうど真ん中、もしくは、ちょっと内側に黒目が入れば自分にとってバランスのいい眼鏡と言えます。

 

あとは、顔の輪郭によってフレームを選ぶと良いでしょう。例えば、丸顔を眼鏡でカバーしたいと思っているなら、丸いフレームは選ばないようにしましょう。

 

フレームが細い物で、シャープさを出すためにも角があるようなスクエアタイプのフレームを選んでください。面長をカバーしたいのならば、上下の幅が広いタイプのフレームを選ぶと、顔の横の長さを強調できるので縦の長さを隠せます。

 

このように、眼鏡は見た目の印象をかなり変えることができるので、どんな目的で眼鏡を使うのかなどによって正しく眼鏡を選んでみましょう。

パソコンを使う職業の眼精疲労対策

パソコンを使って一日中仕事をしている人の悩みと言ったら目が疲れる、つまり眼精疲労と言う事です。サプリメントを摂取して眼精疲労対策をしても良いのですが、毎日の仕事ですからサプリメントだけに頼るのも嫌ですよね。そこでサプリメント以外の眼精疲労対策を挙げてみたいと思います。

 

【画面の色を変える】
画面の明るさを少し暗めにしても良いですが、画面の背景色自体を目に優しい色、グレーなど少し暗めの色に変えてみてはいかがでしょうか?白は眩しいのでずっと見ていると目が疲れてしまいます。目が疲れない様にする為には画面の色を少し暗めにして長時間見ても疲れない様な色にする様にしましょう。

 

【仕事用の眼鏡を使用する】
あなたは眼鏡を使っているでしょうか?いつでも同じ眼鏡を使っているのでしょうか?通常眼鏡を作る時って運転をする人なら分かると思いますが、有る程度離れた場所でも自然と焦点が合う様な感じでレンズが矯正されています。しかしパソコンって数十センチしか離れてない所に画面が有ります。通常の眼鏡を使ってそんな近くのパソコンを見ると焦点を一生懸命合わせようとして目が緊張状態になってしまいます。これが眼精疲労の原因となっているのです。最近ではパソコン用の眼鏡と言うのが発売されています。近くを楽に見られる様な眼鏡です。これを使う事で自然に画面を見る事が出来ます。つまり仕事用とプライベート用と眼鏡を分けるのです。こうする事で眼精疲労対策に繋がっていきます。