コンタクトが原因で眼病になる?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

眼病になるリスクは回避できます

コンタクト使用者の中で、一番多い眼病は「結膜炎」です。コンタクトのお手入れを怠っていたり、お手入れの仕方が間違っていて、汚れたコンタクトを装着してしまったために発症する病気です。

 

また、コンタクトは清潔にしていても、手が汚れていると、結果的に汚れたコンタクトを装着してしまうことになります。コンタクトを装着する時には、必ず清潔な手で行うようにしてください。

 

他にも、コンタクトをしていると、「眼精疲労」が起こりやすくなります。長時間、パソコンに向かって仕事をしている人は、自分が思っている以上に目を酷使しています。

 

パソコン画面を注視していると、瞬きが少なくなってくるのです。そのために、涙の量が少なくなり、結果的にドライアイになってしまいます。

 

定期的に目を休ませる事が大切ですね。できれば、意識してコンタクトを使用しない日を作ったりした方がいいです。眼精疲労は軽く考えてしまいがちですが、症状が長引くようなら眼科に行って診断を受けましょう。

 

眼精疲労から頭痛や肩こり、吐き気などが起こることもあります。コンタクトが原因で発症する可能性のある眼病で怖いのは、「細菌性角膜炎」です。洗面所などの菌がコンタクトに付着し、そのまま菌が目に移動して感染してしまいます。

 

他にも、「アカントアメーバ角膜炎」があります。これは、主にソフトコンタクト使用者や使い捨てコンタクトを連日使用してしまうことが原因で発症する眼病です。

 

このように、コンタクトが原因で眼病になる事もあります。しかし、コンタクトの使用方法、お手入れ方法などをきちんと守って正しく扱えば、眼病になるリスクは回避できます。

眼精疲労に効果が有る成分とは?

どんなサプリメントが眼精疲労に効果が有るのか知っていますか?色んなサプリメントが市販されていると思いますが、以下に挙げる成分が眼精疲労に効果が有る成分となっていますので、これが入っているサプリメントを選んでみると良いでしょう。

 

【ビタミンA】
目だけじゃなくて身体全体の皮膚、粘膜を健康的に保護するのに役立つとても大切な成分になります。ビタミンAが不足してしまうと肌荒れが起きてしまいますし、粘膜が角質化してしまってウイルスに侵されやすくなってしまいます。

 

【ビタミンB1】
身体に有る糖質をエネルギーにする為に分解作用が有る成分となります。この為にこの成分が不足してしまうと身体に疲労物質が溜まるようになりますし、疲れやすくなりますし、イライラしてしまう様にもなります。

 

【ビタミンB2】
身体の代謝を手助けしている補酵素になります。アミノ酸、脂質、炭水化物と言った身体に必要な栄養素の代謝を促す手助けです。この成分が不足してしまうと発育が止まりますので、色んな症状が現れる様になってきます。

 

【ビタミンC】
体内に有るインターフェロンと言う成分の生成を促す作用が有ります。これは発がん性物質を抑えてくれますし、ガン予防にも繋がりますし、免疫力も高めてくれます。ビタミンCは水溶性ですので、定期的に摂取する必要が有ります。

 

一見眼精疲労には関係なさそうな感じがしますが、こうした成分を補う事で身体の体質が変わっていき、眼精疲労の改善に繋がる事になります。