トレーニングタイプの視力回復器具

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

仮性近視であれば2週間程度で

視力回復に役立つ器具にトレーニングタイプの視力回復器具があります。1日に数回その器具を覗くことで視力回復の効果が得られるのが、トレーニングタイプの視力回復器具です。

 

トレーニングタイプの視力回復器具のしくみは、人間の視覚生理機能と光学の図像原理を利用しています。この器具の中にカラー写真が設置されていて、この写真のターゲットを遠近距離で連続移動させます。

 

このターゲットの動きを患者の眼が追うことで、調筋肌が科学的に鍛えられます。これにより水晶体の調節機能が高まり、視力回復の効果が得られるのです。これがトレーニングタイプの視力回復器具です。

 

またこれは強制的に一時的な効果をもたらす器具ではありません。通常の視力回復器具のように眼球やツボに刺激を与えるものではないのです。

 

訓練を重ねることにより、自然に視力を回復させるのが、トレーニングタイプの視力回復器具の特長です。毎日朝夕に5分程度、左右の目で交互にトレーニングタイプの視力回復器具を覗きます。

 

そうすると仮性近視であれば2週間程度でかなりの視力回復が見られるそうです。外的要因で再び近視になることや、一時的に視力が低下することはありますが、回復した視力が自然に元の近視に戻ってしまうことはありません。

 

視力が落ちてきたと感じたら、すぐに訓練をすれば短期間で視力を回復させることができるのが、このトレーニングタイプの視力回復器具なのです。

 

コンピューターなどを普段使用している人には、この器具は目の疲労回復のために最適なものだといえます。

眼精疲労とドライアイ

目を酷使し続けると、目の周りに有る視神経、眼球を支えている筋肉が疲労してしまい、目のかすみ、ぼやけと言った症状が出る様になります。この症状が酷くなると頭痛や肩凝り、吐き気と言った症状も引き起こす事が有るようです。

 

これは疲れ目による物ですが疲れ目にもタイプが有って、少しの間目を休めたら症状が和らぐ眼疲労、目を少し休めても痛みや頭痛と言った症状が残ってしまう眼精疲労と言うタイプが有ります。眼精疲労にはドライアイで悩んでいる人も多い様です。

 

ドライアイと言うのは字の如く「乾いた眼」と言う物で目の表面に有る涙液が乾いてしまって無くなり、角膜部分が表面化してしまいます。これにより目がダメージを受けやすい状態になってしまう事を指しています。通常は涙液から眼への栄養補給をしていますがこれが上手くいかなくなり、充血してしまったり、ゴロゴロする違和感を感じたりと言う症状を感じる様になります。

 

こうした眼精疲労やドライアイは目を酷使する事が原因として挙げられていますが、パソコンのディスプレイやゲームのディスプレイなどを長時間見続けている事が主な原因とも言われています。瞬きが少なくなり、目が乾燥してくるのですね。

 

こうした症状を防ぐ為には目を乾燥させない事が大切です。この為には目薬を挿すと良いでしょう。そして眼精疲労を改善させる為にはサプリメントを摂取する事も方法の1つです。ビタミンAやブルーベリー等、眼精疲労に効果が有るサプリメントはたくさん有りますので、試してみると良いですよ。