近視レーザー手術のメリットとデメリット

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

手術は費用が高いのもデメリット

メリットとデメリットをよく理解してから、近視のレーザー手術を受けるべきでしょう。コンタクトレンズや眼鏡を使わずとも日常生活を支障なく送ることができることが、近視レーザー手術を受ける最大の魅力です。

 

コンタクトレンズは維持にお金がかかるものですし、コンタクトも眼鏡もそれなりに値段の張る買い物ですか、近視レーザー手術を受ければ視力矯正具は使わなくなります。

 

手術中の痛みはほとんど感じることはありませんし、ごく短い時間で終わらせることができます。近視レーザー手術は、ほぼ失敗するということはなく合併症の心配もありません。

 

半永久的に近視を直したい時には、近視レーザー手術はうってつけといえます。近視レーザー手術には、反対にデメリットもあります。近視レーザー手術は病気や目の状態によっては手術を受けられない人がいます。

 

また、どんな人でも一様に効果が出るわけではありません。目に対する外科手術なので、失明とまではいかなくとも、執刀医や病院の選び方を間違うと万が一でもうまくいかないこともありえます。

 

また、近視レーザー手術は広まりはじめてからまだ時間が経っていないので、術後長時間経過するとどうなるかかはっきりしていません。近視レーザーによる手術は費用が高いのもデメリットで、保険が利きませんので、平均して10万円前後から50万円ほどかかることもあるようです。

 

近視レーザー手術にはさまざまなメリット・デメリットがありますので、よく比較検討して本当に自分にこの手術が必要なのか判断する必要があるでしょう。

ツボ押しで眼精疲労を緩和させる

意外とツボ押しをして眼精疲労を緩和させると言うのも有りだと思います。サプリメント等を摂取して身体の内側から緩和させて行くのもいいのですが、サプリメント以外でも色々やってみると相乗効果でより効果がアップすると思います。特に簡単に思い付いた時に出来るのがツボ押しなどで、思い立った時に実践してみてはいかがでしょうか?

 

オススメは顔面に有るツボです。「太陽」と呼ばれるツボが有ります。眉のお尻部分、目尻の部分と正三角形を結ぶ様な感じで髪の生え際の方に三角形を作ってみます。そこの部分がちょっと凹んでいるので分かりやすいと思いますが、ここを押してみると眼精疲労に効果が有るようです。

 

次は目の真ん中から2センチ位下に有るツボ「四白」です。骨が有るので分かりやすいと思います。更に目頭の「清明」も有ります。こうしたツボを指の腹の部分でゆっくり押してゆっくり離すを繰り返してみて刺激を与えて下さい。即効性は無くても徐々に効果が出てきますよ。

 

顔面以外では「風池」と言うこめかみの後ろの部分、首の後ろの髪の生え際の真ん中から両横に有る「天柱」と言うツボが効果的だそうです。こうした所を普段から押したり解したりしてあげる事で眼精疲労が緩和されてくる様です。あくまでも優しく押す事が大切です。

 

強く押したり揉んだりすると揉み返しが来てしまいますので注意してくださいね。ツボ押しは簡単に何処でも出来ますので是非実践してみてください。