視力回復にはビタミンA?

やはり、視力回復の第一人者のがおすすめです。

たくさんの視力回復トレーニングがありますが、そのなかでもおすすめなのは、『川村明宏先生のジニアスeye』です。

その理由は他者の視力回復トレーニングと比べ、簡単であったということと、短期間で成果がでたというのが理由です。

油脂と一緒に摂ること

「目のビタミン」と言われる程、目と深い関係にあるのがビタミンAです。目を健康に保ち、粘膜の強化をしてくれるだけではなく、目の疲れや視力の低下などを防ぐ働きもしてくれるのです。特に、夜盲症には効果を発揮すると言われています。

 

効果は目にだけ現れるのではなく、ビタミンAは皮膚の粘膜形成を助けてくれるので、肌荒れの予防にもなりますし、ビタミンAそのものに発ガン抑制作用があることもわかっているのです。ビタミンAは主に、緑黄色野菜に多く含まれています。

 

脂溶性のビタミンなので、油脂と一緒に摂ることで、体内への吸収が高まります。なので、にんじんやニラの炒め物をすると、ビタミンAを吸収することが出来るでしょう。

薬で眼精疲労を緩和させる

眼精疲労かなと思って眼科に行ってみると内服薬や点眼薬を処方されます。点眼薬も種類がたくさん有るのですが眼精疲労に効果を出すと言う事で、ビタミンB12、調節賦活剤等が入っている点眼薬を処方される事が多いです。これを点眼する事で目の周りにある筋肉を緊張から解きほぐしてあげて、血行を良くして上げる事が出来る為、眼精疲労に効果を出す事になります。

 

眼精疲労は目に関する症状だけでは有りません。肩凝りや頭痛と言った症状として出てくる事も有るのです。こうした場合には肩凝りに効く内服薬を処方されるかもしれませんが、一時的な物に過ぎませんので眼精疲労を元から治す事が重要となります。また眼精疲労は身体の抵抗力を強めて眼精疲労を起こしにくい体質改善をする事も大切となります。

 

ここで重要なのが漢方やサプリメントです。薬の様に即効性は有りませんが身体の内側から徐々に効果を出してきて体質改善をしてくれますので、オススメと言えるでしょう。サプリメントや漢方と、薬は違いますので一緒にしない様に注意しましょう。眼精疲労は頭痛や肩凝りを引き起こす事から市販の頭痛薬を飲む人もいます。

 

1度位なら良いでしょうが毎回、しかも短期間で飲むとなるとちょっと頼り過ぎになって危険ですので、症状が続く様で辛いならば一度お医者さんに相談して適切な薬を処方してもらう様にした方が良いでしょう。薬で眼精疲労を緩和させるのも考えてみても良いかもしれませんね。